総合型選抜(旧AO入試)対策の専門塾ホワイトアカデミー

合格体験記

2021.05.28

滑り込みで憧れのMARCHに現役合格

滑り込みで憧れのMARCHの現役合格を勝ち取る

正直、受験は辛かったですが、やりきった感じはあって、楽しかったです。結果として、当時の自分の状況から考えるとかなりいいところにはいけたんじゃないかなと思います。

もともと指定校推薦で明治学院大学に行くつもりだったので、まったく一般入試の勉強をしていなかったのですが、高校3年生の9月に指定校推薦で大学にいけないということが発覚して「やばい!」となったことがきっかけでした。

でも、学校での評点が高かったし、いい大学には行きたいなと思っていたので、そこから総合型選抜の塾を探した感じですね。

ホワイトアカデミーに入塾を決めたのは、先生のプロフィールを見た時に出身大学がしっかりしていたし、先生の出身学部が自分の行きたい経済学部出身であったことが大きかったです。

これに加えて、マンツーマンで自分がやりたい時に授業ができることから、自分が求めていたものがあった感じがしたので入塾しました。

入った後の授業は、最初は週2、本番前はほぼ毎日やっていただきました。内容としては、他の塾ではやらないような、そして将来も役に立つ知識を教えていただきました。

経済の知識がなかったのでそれについて教えてもらいましたし、経済学部の面接で聞かれることに合わせて学ぶべきことをまとめた書籍を紹介してもらいました。また、大学から出される総合型選抜の課題についてもつきっきりで教えてもらいました。

その後は志望理由書などの出願書類を一緒に作成してもらいました。その中で、経歴や今まで何をしてきたかなどを話しながら、先生にまとめてもらったり、その内容をもとに面接専門の先生と模擬面接をしました。

今思えば、一番最初に自分が書いた書類はひどかったですね。経歴の内容などに一貫性がなく、ひたすらいろんなものを詰め込んだ結果、内容に統一性がなく「よくわからないもの」になっていました。

説得力が全然なかったんです。その部分を先生に指摘してもらい、一緒に直してもらいながら、自分自身をより魅力的にアピールしていく方法を学びました。

最後に行った面接の練習は最初はZOOMでやったり新宿の校舎でやったりしましたが、合計で20回くらいはやったんじゃないかなと思います。

最初は内容ばかりに意識がいってしまったのですが、途中から表情や自信のある振る舞いもできるようになっていき、それが本番で活かされたんじゃないかなと思っています。

将来は起業がしたいと思っていて、そのために経済学部に入ったので、大学に入ってからはそれに役立つような授業を学ぶのはもちろん、学校外ではそういうことを考えている友達を作って何かやってみたいと思っています。

最後になりますが、自分はとにかく準備が遅かったので、何事も早くから準備をすることが大切だと思います。あとは、モチベーションですね。なぜ大学に入りたいのかとか、目標とか、将来像を考えながらスイッチを入れていけば、いつから始めても、窮地に追い込まれても、モチベーションが続けばなんとかなるのかなと思います。

個人的には総合型選抜を考えるのであれば2年生の夏休みくらいから志望校を考えたり、オープンキャンパスに行ったりした方が良いと思います。自分自身はその時サッカーしかやっていなかったので。

一生に一度の経験だと思うので、悔いのないように頑張ってください。