総合型選抜(旧AO入試)対策の専門塾ホワイトアカデミー

合格体験記

2021.03.11

内部進学失敗後の理想の大学への合格

内部進学失敗後の理想の大学への合格

僕はもともと私大の附属校に通っていて、最初は内部進学しようとおもっていましたが、系列の大学に自分のいきたい法学部がありませんでした。もともと弁護士などの法律を扱う仕事に憧れがあったので法律を学びたかったんです。ただ、その夢は系列大学では叶わないし、学校での成績もそこまで良くなかったので、行きたいレベルの大学の指定校推薦がもらえず、正直かなり焦っていました。

しかもその時は高校3年生の秋だったので一般受験の勉強をする時間もなく、仕方なく他の受験の形式を考えた時に、総合型選抜というものがあることを知りました。
選抜試験まで当時はあと1ヶ月ほどしかなかったため、正直塾に頼らざるを得ないなと思って総合型選抜に強い塾を探していたところ、ホワイトアカデミーを見つけました。

他の塾は学生が教えているということで不安だったのですが、ホワイトアカデミーは東大卒のプロの先生が指導をしてくれるという点や、総合型選抜入試よりも難しい就活面接のノウハウを持っていたことから、なんとか短期間で詰め込んでもらって合格に導いてくれそうだなと思ったので、入塾を決めました。

指導をしていただく中で、1回1回やっていく授業が非常にためになりました。知らないことも多かったです。中でも小論文の力がものすごくついたなと思っています。もともと文章を書くことは好きだったのですが、何も知らずに小論文を書いて先生に提出したところ、試験で減点されるポイントについてつきっきりで指摘していただきました。

教え方もとてもわかりやすく的確だったので、かなり力がついたかなと思っています。また、面接についても質問に対してどう答えたら印象が良いかを教えてもらったので、徐々に苦手がなくなっていきました。

最初の頃は想定外の質問に対する回答がなかなかできずに苦労しましたが、何度もなんども言葉に出して練習を重ねたことが思い出です。授業を受けて練習を重ねるにつれて、実力が上がっていくのが実感でき、結果的には内部進学でいける大学よりもいい大学に合格することができました。

お祝いをしていただいた際に、大学後にどういったことを学んでいくべきかについての計画も先生と立てることができたので、ホワイトアカデミーには感謝しています。

今後は将来の目標である公務員になるため、大学の法学部に入ってそこで知識を学びながら、インターンなどで公務員の仕事も学んでいきたいです。最後になりますが、僕は動き出した遅かったため結構苦労しましたが、これから総合型選抜入試を考えている方はそうならないよう、できるだけ早くに動くことをお勧めします。